伊豆諸島 新島の厳選したテングサを販売しています。営業時間 9時〜17時(午後5時) 土・日曜・祭日はお休みです。
てんぐさ
宝哲丸のてんぐさの種類 おいしいところてんの作り方 今年の新島てんぐさ FAX注文用紙 法律に基づく表記
ご購入はこちら

てんぐさ専門 宝哲丸
東京都新島村本村3-9-19
TEL:04992-5-1597

厳選されたてんぐさをお届けします。



当店のてんぐさには採取場所と採取した時期を明記して
おります。そしてさらし方にこだわった極上のてんぐさを製造元価格で販売しています。
テングサは、産地によっては色が黒く変色する場合もありますが、通常は半永久的に保存が利く食品であるため、市場に出されたものを見ただけでは、採取時期や採取場所などを特定することは非常に困難です。
当店は、テングサ漁師が自ら採取し、当地(新島)の気候と天然水で丹念にさらしたテングサを販売しています。

ぜひ一度、宝哲丸のてんぐさをおためし下さい。コシと粘りの違いを実感していただけることと思います。

てんぐさ30kg(業者間取引用)
てんぐさ100g
                 

なぜ新島産なのか?

古来より、てんぐさの産地として伊豆諸島は有名です。また品質に関しても国内最上級の評価を受けており、最高値で市場取引されています。

伊豆諸島の中でもてんぐさ漁が盛んなのは、大島、三宅島、神津島、新島です。大島産のてんぐさは寒天用に使われる1日だけ乾燥した赤草が主流で、三宅島産は黄さらしでアラメという太い草が有名です。

黄さらしの様子

新島と神津島では、ところてん作りに適した「まくさ」を時間と手間をかけた黄さらしで仕上げています。とくに、新島は水に恵まれており、4キロ離れた隣の式根島に海底送水で供給しているほどです。

その新島のミネラル豊富な地下水を20回以上撒きながら天日干しを繰り返すことで第一級のてんぐさに仕上がります。

 

Copyright(C) 2011 てんぐさ専門宝哲丸 All Rights Reserved.